彼氏がいるというだけでこれほど幸せなのかと感激しました

出会い系サイトを利用している人が、今では非常に多くて、出会い系サイトというものが非常に便利なサイトなのだということについては、実際に自分がこういうサイトを利用してみる前からある程度は知っていましたが、なんとなく私は出会い系サイトというものに抵抗を感じていました。

もともと私は、誰かとコミュニケーションをとることがあまり得意ではありません。
男性とコミュニケーションをとることが苦手なのはもちろんですが、実は女性とコミュニケーションをとるのもあまり好きではないんです。
一人でいるのが好きというか、他人に合わせるのがかなりしんどいと感じてしまうタイプです。

一人でいるのが好きなのですが、それでも寂しく感じることがないといえばうそになります。
特に、街中を歩いていてカップルが中良さそうに歩いているのを見ると、自分がいつも一人であるためになんだか腹が立ってきます。
完全に八つ当たりなのですが、ひょっとしたら私と同じような気持ちを味わっている人がほかにもいるかもしれません。
誰かとコミュニケーションをとることが面倒だから、人とあわせるのが面倒だから、一人でいるのが好きなのだという割には、ずっと一人でいるとたまに寂しくなってしまうのです。
完全にわがままなんですけど。

職場でも、仲のいい女友達とかがあまりいないので、例えば仕事で嫌なことがあっても、愚痴を聞いてくれる友達がいないんですよ。
そういうふうな生き方をしてきた私が全部悪いのだといわれればやっぱりその通りなのですが、やっぱりなんだか理不尽だなと思ってしまうのです。
おまけに、どこの職場にもやっぱり自分とは相性の合わない人(要するに嫌な奴)がいるものですが、私の職場にもやっぱり嫌な奴はいて、その人は、私がいつも職場で一人でいる(要するに友達がいない)ということを知っているので、ちょっとくらいわたしを職場でいじめても、私の見方をしてくれる人はいないということをよく知っているんですよ。

かなり卑劣なやり方だとは思いますが、それで私に対してきつく当たって、自分はストレス解消したりしているみたいです。
私にはもちろん、職場でいじめられても見方をしてくれる人はいませんし、歯向かったら余計にひどい目に遭いそうな気がするので、じっと黙って耐えるしかないのです。
仕事ですごく嫌なことがあった時とか、やっぱり相談相手とか愚痴を聞いてくれる人がいたらうれしいなというようなことは、どうしても考えてしまいます。

できればその相談相手が男性だったらいいなあ(要するに彼氏ほしいな)とか思うわけですが、当然のことながら私の職場では素敵な出会いなど全く考えられません。
もしもそんなものが考えられるなら、私がいじめられているときでも味方になってくれる人がいるはずです。

職場では素敵な出会いのチャンスがなかなかないという人は、私以外にもたくさんいると思います。
男女の違いは関係なく、やっぱり出会いがないといって寂しい思いをしている人はたくさんいるはずなんです。
だからこそ、特に今の時代は出会い系サイトを利用している人がこんなにも多いわけですよ。

私も「いっそのこと出会い系サイトを使ってみようか」と悩んだことは何度もあります。
でも、いつも決心がつかないんですよね、出会い系サイトを利用すれば手軽に素敵な出会いのチャンスがゲットできるという人は多いですが、私にとっては、出会い系サイトを利用して素敵な出会いのチャンスをゲットしようとすることなんて、全く手軽なことではないんですよ。
出会い系サイトを利用して出会いを求めること自体が難しいというか、まず出会い系サイトを利用するかどうかを決めること自体が一大事なのです。

特に私が恐れているのは、出会い系サイトの中でも、利用者を困らせるだけの悪徳サイトの存在です。
現在、ネットで検索すれば本当にたくさんの出会い系サイトがヒットしますが、その中でも本当に素敵な出会いのチャンスがゲットできる優良サイトは、本当にごくわずかなのだという話を聞いたことがあります。

優良な出会い系サイトにもいくつか種類があるみたいですが、それにしたって、ネットで検索してヒットする出会い系サイトの総数に比べれば、優良な出会い系サイトなどと呼ばれるものは本当にごく一部だけです。

最近では、優良な出会い系サイトの情報を、自分が出会い系サイトを利用して見る前にゲットすることが比較的簡単になって、しっかり注意していれば悪徳サイトに引っかかる危険性はほとんどないのだとも言われます。
しかしそれにしたって、私にとっては出会い系サイトを利用するということ自体がすごく怖いことだったのです。

カカオトークは女性向けのファッション雑誌やレディースコミックなどに広告を出しているとか、駅中に広告を出したり(その広告を見てどう思うかは人によってさまざまだとは思いますが)あるいは広告付きのティッシュを配布したりしているから、広告をきちんと出している出会い系サイトは安全だという話を聞いても、やっぱり私には心配だったのです。

心配性の人って、どうしてもいいうわさより悪いうわさのほうを真に受けてしまうものなんですよ。
だから、出会い系サイトを利用すれば素敵な出会いのチャンスがゲットできるという話よりも、出会い系サイトを利用するにあたってはいろいろとリスクがある、せっかく出会い系サイトを利用しても必ずしも素敵な出会いが実現できるとは限らないし、たとえ女性の会員だって、悪徳サイトのサクラの被害に巻き込まれてしまう恐れがあるという話を聞いたら、やっぱり出会い系サイトを利用するのが怖くなるんですよ。

でも、じゃあ本気で出会いのチャンスがほしくなったときに、出会い系サイトを利用する以外のやり方だったらいいのか、必ずうまくいくのかと考えた時に、やっぱりほかのやり方でもうまくいきそうにないと思ってしまうのです。
多くの人が知っていることだと思いますが、男女の出会いを求める方法は、もちろん出会い系サイトを利用することだけではありません。

出会い系サイトを利用して男女の出会いを求めることについて、やっぱり反感を感じる人は多いですが、そういうひとたちはたいてい、合コンや婚活パーティーなどコンパ系のイベントに参加して出会いを求めることにしているようです。
お互いの顔が見えない匿名性の出会いを売りにしている出会い系サイトより、確かに安全性が高いという部分はあるかもしれません。

ただ私の場合は、このようなコンパ系のイベントに参加しても、たぶん素敵な出会いをゲットすることはできないだろうなと思ったんです。
だいたい、対人コミュニケーションが苦手な綿にしとっては、出会いを求める者同士が面と向かって会話するなんてことできるわけありません。

出会い系サイトを利用してコミュニケーションをとるんだったら、まだメールのやり取りがメインになるので、男性とおしゃべりするときも緊張しないというメリットがあるんですよ。
面と向かってコミュニケーションをとることができないことが出会い系サイトの欠点だといって、ものすごく批判する人も多いですが、逆に私にとっては、出会い系サイトを利用するコミュニケーションの取り方がメールというものなので、面と向かってコミュニケーションをとるよりかはよっぽど気が楽になるということは言えますね。

出会い系サイトを利用する場合にしろ、それ以外の方法で出会いを求める場合にしろ、男女の出会いを求める方法というのはいろいろとあるようですが、どのやり方を選んでも、確実に素敵な出会いのチャンスがゲットすることができて、その後のお付き合いもうまくいくという保証はありません。

私は結局出会い系サイトを利用して出会いを求めることにしたんですが、その理由はやっぱり、出会い系サイトを利用して男性との出会いを求めるほうが、ずっと手軽だからです。
お金もそんなにかからないし、メールでのコミュニケーションはリアルタイムではないので、例えば仕事とかで忙しくてコンパに参加できないということが起こりません。
確かに、出会いを求める参加者同士が面と向かってコミュニケーションをとれるというのはコンパ系のイベントの大きなメリットの一つなのですが、参加するための料金がけっこう高いことと、コンパに参加するためにはそれなりの費用が必要になるというのがネックです。
高いお金を払っても結局素敵な出会いを実現できなければ意味がないと思い、同じように失敗する可能性があるんだったら、コンパ系のイベントに参加するよりは出会い系サイトを利用したほうがリスクが少ないと考えたのです。

出会い系サイトを利用し始めたばかりの頃は、いろいろと戸惑うことが多くて大変でした。
どのような人にとっても、出会い系サイトを利用し始めたばかりの頃からいきなり男女の出会いがスムーズに実現するということは無いみたいです。
人間関係のトラブルを経験しながらでも、ちょっとずついろいろなことを勉強していくしかありません。
人間関係のトラブルを経験するのは悪徳サイトを利用しているときだけだと勘違いする人がいるようですが、決してそんなことはありません。
出会いを求めることに関しては、出会い系サイトを利用している人がみんな共通していても、どのような出会いを求めたいのかという希望はみんな違いますし、どうしても相性が合わない人もいます。
だから、人間関係のトラブルを完全に回避したいという気持ちは分かりますが、どちらかというと、出会い系サイトを利用していて人間関係のトラブルを経験したとき、どうやってそのトラブルに対処すべきかということを考えたほうが、結局は自分のためになると思います。

出会い系サイトは基本的に女性にとって有利なサイトだとよく言われますね。
私もそういう宣伝とかを見て、素敵な出会いなんて結構簡単に実現できるのではないかというふうに期待したんです。
でも実際には、全くそんなことありませんでした。

女だって、真剣に出会いを求めようと思えば苦労することばかりです。
何でもかんでもスムーズにいくわけではないのです。
出会いの理想が高すぎるからそうなるのだといわれるかもしれませんが、そうではなくて、私の場合は本当に男性を相手にどのようにコミュニケーションをとればいいのかわからないから困ったというのはあります。

だからこそ、一人のメル友ができた時はうれしかったんです。
相手がどのような人なのかがわからないから戸惑ったというのは確かにあります。
でも、初めてのことが不安なのは誰だって同じなので、ダメだったらまた他の人との出会いを考えようというつもりで、わたしなりに一生懸命コミュニケーションをとることを考えたのです。
私の場合は運よく、メル友として知り合った男性がとても素敵な人だったので、いつの間にやら親密な関係になって、お互いに直接アドレスを教えあうような関係になっていたので、もはや恋人同士といってもいいような関係でしょう。
体の関係持ちましたが、出会い系サイトを利用して知り合った男女の関係ということで、何となく想像してしまうようないやらしさはまったくなかったです。
本当に、結婚を前提にお付き合いを考えてもよいと思えるような素敵な男性と知り合うことができました。

お互いにいろいろと考えていることがあるので、今すぐ結婚とか子育てとかそういう話にはならないと思います。
ただ私は相手の男性がそのように考えてくれていればうれしいなというふうに思うのも事実です。
あまり愚痴ばっかり言っていると嫌な女だと思われるのが怖いのですが、それでも、仕事で何か嫌なことがあった時に、それを相談する相手ができたことは本当にうれしいことだと思います。

出会い系サイトを利用して、メル友から始まった関係ですが、彼氏がいるというのがこれほど幸せなことだとは思いませんでした。

warningComments are closed.